このサイトでは、珊瑚の買取査定がどのように行われるのか、そして、その査定を行う人々がどのような資格を持っているのかについて述べられています。
珊瑚の買取鑑定を行ってくれる人々が持っている資格で多いのが宝石鑑定士です。
骨董品に分類されたり、諸外国での扱いは縁起物や贈り物と考えられています。
鑑定の結果に応じて、価格がどのように計算されるのかについても述べられていますので、売却を考えている所有者の参考になるでしょう。

珊瑚の買取査定をする人が持っている資格

珊瑚の買取査定をする人が持っている資格 珊瑚は、海外では昔から縁起物とされたり、贈り物とされたりしています。
また、骨董品としての人気も高いですので、近年では、中国などのアジア諸国での需要が急激に高まっており、その結果、査定限度額が高騰しています。
珊瑚の買取を希望している所有者は出来るだけ高値で売却をしたいというのが本音ですので、的確な鑑定が出来る鑑定士がいる買取店を選ぶのが適切です。
査定されるポイントは、珊瑚の色艶がどのようなものであるのか、その大きさは魅力があるものであるのか、高級品としての保存状態が良いのかどうかなどがチェックされていきます。
その査定結果が買取価格に反映されて、最終的にその金額で買い取ってもらえる事になるでしょう。

珊瑚のツヤ出しには化学の力を使う!?

珊瑚のツヤ出しには化学の力を使う!? 珊瑚は鉱石由来のダイヤモンドなどとは異なり、海の中で育まれた宝石で、主成分は炭酸カルシウムです。
落ち着いた光沢を活かすために、ネックレスのような直接肌に触れやすいデザインのアクセサリーになることが多いです。
宝石としての硬度は3.5程度と高くなく表面が柔らかいです。
そのため細かい傷がつきやすく、汗や皮脂、化粧品などに含まれる酸やアンモニアによって表面が溶かされ、ツヤが落ちてしまいます。
そのツヤを復活させるために、これまでは表面を0.数ミクロンのレベルで丁寧に研磨するという方法がとられてきました。
これは溶けてしまった層をうっすらと剥ぎ取る方法で早く仕上がるので効果的ですが、0.数ミクロンという層を薄く剥ぎ取るのはとても高い技術を必要とします。
そこで、珊瑚のツヤ出しに画期的な方法が生み出されました。
それは「PS加工」というフッ素を用いたツヤ出しです。
40℃程度に温めたフッ素溶液に珊瑚を漬け込み、表面の炭酸カルシウムをフッ化カルシウムに置き換えます。
このような現象を「イオン交換」と言います。
イオンという化学の力を使ってツヤが復活するので、多くの宝石買取業者が注目しています。
自宅に眠っている珊瑚のアクセサリーはありませんか?「ツヤが落ちたから価値は無いんじゃないの?」と悩む必要はありません。
PS加工に対応している買取店もありますので、是非一度ご相談に行かれてみてはいかがでしょうか。

珊瑚の買取査定の関連情報サイト

珊瑚の買取査定をお考えでしたら、ご利用ください。

珊瑚の買取査定を考える